2020年02月23日

【夢を叶える旅は、母なる地球を感じる旅だった (夢を叶えに行ってきました 7)】 ~ I found myself as a child of Mother Earth. ~

【夢を叶える旅は、母なる地球を感じる旅だった 
       (夢を叶えに行ってきました 7)】
   ~ I found myself as a child of Mother Earth. ~



こんにちは!

ねこ大好き英語コーチ Semy です。



夢のオーロラツアー、第7回です。



夢を叶える旅シリーズ、前回の記事はこちら

夢を叶える旅シリーズ第1回は、こちら





オーロラを見ることは

長年の、ボンヤリとした

夢でしたが



でも、突如

やっぱり

オーロラを

この目で、必ず見る!

と決意したら



半年後には

北極圏に立ち



オーロラの

神秘的な

姿を見つめて

涙していた

奇跡

オーロラ1.jpg


思えば

この旅の経験の

全てが



生涯初めての

奇跡のような

感動の連続でした。




北の果て

ノルウェーの

小さな港町に降り立って



冬の北極圏に

日は昇らない!

という



衝撃的な

体験をはじめ



スカンジナビア半島

フィヨルドの

街々を巡りながら



ゆっくりと南下する

初めての船の旅は

フィンマルケン号.jpg

一日の大半が

夜なのにも

かかわらず



鮮やかに煌めいて

全てが

優しく、楽しく

彩られていました。



長い夜の間も



荒れる冷たい

波の向こうに

見える



真っ暗な闇と

仄白く凍った大地



凍てつく空気が

澄み渡って



そこに暮らす

人々の

生活の灯が




チラチラ、キラキラと

集まり、瞬いて

宝石のように美しいのです。

Toromso.jpg

フィヨルドの眺め7.jpg

フィヨルドの眺め4.jpg

フィヨルドの眺め5.jpg

フィヨルドの眺め6.jpg

薄明るい

短い昼は



何万年もの歳月をかけて

氷河が削り出した

壮大な絶景に

圧倒されます。

フィヨルドの剣2.jpg

フィヨルドの剣3.jpg

フィヨルドの眺め8.jpg

そそりたつ

凍る絶壁

入りくんだ入江と

無数の島々の

複雑な地形




しかし、そこには

この過酷な環境を生きる

逞しさからは

場違いな感じさえする



可愛らしく

美しい家々が点在して

まるで

絵本を見ているよう。




海、山、街、家々の

それぞれが

互いを際立たせ

独特の魅力が溢れて



いつまでも

見飽きることがありません。

フィヨルドの眺め3.jpg

フィヨルドの眺め2.jpg

フィヨルドの眺め9.jpg

途中寄港し

散策した街は



ノルウェー最北端の街

Hammerfest ハンメルフェストと



ノルウェー第三の都市

Trondheim トロンハイム。




丘の上から眺める

ハンメルフェストの街は



距離感覚が狂うような

対岸の、巨大な

凍る山を背景に



薄明りの中

雪と氷のブルーに浮き立って

教会や家々の

温かな灯りが織りなす光景が

あまりにも、美しくて

感動のため息です。

ハンメルフェスト丘の上から.jpg

ハンメルフェスト2.jpg

ハンメルフェスト3.jpg

北ヨーロッパ最大の

キリスト教徒の巡礼の地

トロンハイムでは



中世の石畳を歩いて

街のシンボルの

Nidarosdomen

ニーダロス大聖堂を訪れました。



街のどこからでも見える

高い尖塔を持ち



ゴシック様式と

ロマネスク様式が融合した

壮麗で荘厳な

石造りの大聖堂は



夜明け前の街の中

静かに

ライトアップされ



威厳に満ちた姿を

幻想的に

浮かびあがらせていました。

ニーダロス大聖堂.jpg

ニーダロス大聖堂2.jpg

ニーダロス大聖堂5.jpg

ニーダロス大聖堂4.jpg

ニーダロス大聖堂6.jpg

ニーダロス大聖堂3.jpg



船が

北極圏を抜ける時は



古くから行われている

儀式もありました。





それは・・


タラの肝油を飲む😆





ビタミンDが豊富な

タラの肝油を摂ることは



太陽の恩恵が少ない

極地に住む人々の

知恵




キャプテンから直々に

スプーンに

肝油を注いでもらいます。

う~ん、なかなかのお味・・💦





たった6日間の船旅でしたが、



天候は

晴れたり、吹雪いたり

目まぐるしく変わり




陽のある、晴れ間に

さわさわと風を切って

滑るように進む時もあれば 




一瞬、身体が浮いて

飛ばされるくらい

激しく揺れる時もあり



厳しい船酔いも

経験しました。





終着の

ノルウェー第二の都市

Bergen ベルゲンで

船を降りる時は




地球の極地の

自然を体験して




その厳しさとともに

なぜか、温かい・・・

地球の優しさと




そして

自分も、紛れもなく

地球の一部である

という




かつて感じたことのない

不思議な

心地よい

満足感、安心感。




I found myself
as a child of Mother Earth.

自分が母なる地球の子供であることを

再確認したのです。




オーロラの旅の真髄は

かけがえのない

地球に対する

敬愛の想いを

胸一杯に感じることだったのです。



*********************************

英語コーチングで英語やってみようかな、と思った方は
まずは、無料の体験セッションをどうぞ!

*********************************

・英語の勉強をしてきたのに、いつまでたっても話せない、上達を感じない。

・どうやって勉強したらいいのかわからない。

・勉強を始めても、なかなか続かない。

・外国人に道を聞かれたら、ちゃんと答えてあげたい

・英語を一から勉強し直したい

・一人でも自由に海外旅行を楽しみたい

・仕事のために、TOEICの点数をあげないといけない

などなど



お悩みやご希望をお聞きして、解決へ導きます!

1時間ほどのセッションで、問題点と解決方法

目標に向けた効果的な学習などについてお話しします。

セッションは、スカイプ、FB、LINE

電話(お近ければ対面でも)等で行いますので、

どちらにお住まいでも大丈夫です。



こちら から

お問い合わせ内容に

「無料体験セッション希望」としてお申込みください。

posted by semy at 13:52| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

【夢を叶えに行ってきました(6)】 ~ My dream has finally come true! ~

【夢を叶えに行ってきました(6)】

~ My dream has finally come true ~



こんにちは!

ねこ大好き英語コーチ Semy です。




夢のオーロラツアー、第6回です。




前回の記事((夢を叶える旅シリーズ第5回)はこちら



夢を叶える旅シリーズの

第1回から読みたい方は、こちら






さあ、いよいよ

オーロラクルーズで知られる

ノルウェー沿岸急行船に乗込み




初めての

船の旅が始まりました。




見るもの全て

何もかもが、物珍しく

ワクワクしながら



展望ルームや

船内ショップなど



船内のあちらこちらを

ふらふらと

歩き回ります。

展望デッキカウンター.jpg
〈展望ルーム バーカウンター〉


フィンマルケン売店.jpg
〈船内 ショップ〉



そうして

初めてのディナータイム

が終わる頃に




おや・・

なんだか

調子が・・変




これは・・

船酔いか?




車酔いなど

ほとんどすることがないので

船酔いの可能性など

全く考えていなかったのですが

迂闊でした(>_<)





キャビンで横になり

目を閉じて休みますが

オーロラが気なって

仕方ありません。





乗船してすぐ

緊急時の避難行動などの

レクチャーを受けたのですが




その際、スタッフが

今夜は

オーロラが見られそうだ 👀

と言っていたのです。





船酔いは

甘くありませんでした。




それでも必死に💦

外のデッキに出られるよう

防寒着に着替え




キャビンから

デッキ脇のラウンジまで

休み休み

這うように移動して

スタンバイします。




ソファーにうずくまり

とろとろと眠りかけてしまった

その時!




待望の

船内アナウンスが流れました!

「・・・ Northern Light・・」




弾けるように飛び起きました!




Northern Light 
(オーロラ)



この一言を

どれだけ、待っていたでしょうか





周りの乗客達も

ワラワラと

デッキに走ります。





外に飛び出すと

射すような冷たい風の中




ぴちぴちと

顔にあたる雪片




素早く頭を巡らせて

どこ? どこ? どこ~!?




・・・はっ!

息を飲みました。



ため息のような

人々の柔らかな歓声が

静かに拡がっていきます。





それは・・・まるで

異次元の存在のように

ゆらゆらと

透き通って

遥か上空で揺れていました。


オーロラ1.jpg

オーロラ2.jpg

深い・・・・

微かにみがかり




微細に

時に大きく

揺らぎながら

かたちを変えていく





突如一瞬だけ

空一面に

現れたり・・





かと思えば

突然ス~っと

見えなくなったり





ひと時たりとも

静止することなく

絶えず動いているのに




まるで

時が止まったかのように

感じる不思議





畏敬、感動

癒し、感謝

様々な想いが押し寄せて

言葉になりません。




It was really
breathtaking moment・・





涙が溢れるばかり・・




この瞬間を

目に

心に

焼き付けるのみです。





船酔いなど

文字通り

一瞬にして吹き飛び





夢が叶った瞬間は・・





心震える

感動とともに




不思議と

本当に安らかで

穏やかで





偉大な

地球という存在が

優しく

とても近くに

感じられ





故郷の星、地球

という

かつてない

感覚に浸っていたのです。



オーロラ3.jpg

オーロラ4.jpg




*********************************

英語コーチングで英語やってみようかな、と思った方は
まずは、無料の体験セッションをどうぞ!

*********************************

・英語の勉強をしてきたのに、いつまでたっても話せない、上達を感じない。

・どうやって勉強したらいいのかわからない。

・勉強を始めても、なかなか続かない。

・外国人に道を聞かれたら、ちゃんと答えてあげたい

・英語を一から勉強し直したい

・一人でも自由に海外旅行を楽しみたい

・仕事のために、TOEICの点数をあげないといけない

などなど



お悩みやご希望をお聞きして、解決へ導きます!

1時間ほどのセッションで、問題点と解決方法

目標に向けた効果的な学習などについてお話しします。

セッションは、スカイプ、FB、LINE

電話(お近ければ対面でも)等で行いますので、

どちらにお住まいでも大丈夫です。



こちら から

お問い合わせ内容に

「無料体験セッション希望」としてお申込みください。





posted by semy at 16:22| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

【夢を叶えに行ってきました(5)】 ~ once in a life time experience ~

【夢を叶えに行ってきました(5)】

~ Amazing cruise in Arctic Circle,
         once in a life time experience. ~




こんにちは!

ねこ大好き英語コーチ Semy です。




夢のオーロラツアー、第5回です。



前回の記事((夢を叶える旅シリーズ第4回)はこちら



夢を叶える旅シリーズの

第1回から読みたい方は、こちら





北極圏初日の

オーロラ鑑賞は

空振りに終わってしまいました。

(T_T)💦




ガイドが

前回見たオーロラだと言って

携帯の画面を見せてくれました。




わたし達が立っていた

あの山の上に

まばゆいばかりの

オーロラが踊っています。




いつのこと?

と聞いてみると

2週間前だと言うのです。




えっ、

2・・週間前?




毎晩のように

出かけているのでしょう?

前回見たのは

2週間前なの⁉





ここまで見事なオーロラ

でなくても




実は

オーロラを見るのは

そんなに

簡単なことではないらしいのです。




えっ、ちょっと待って!




日本から遥々

1万キロメートルも

やって来たというのに?




It must be
once in a life time opportunity・・!


一生に

たった一度の

チャンスかもしれないのに⁉




もしかして



見られない可能性の方が

高いの?


Oh my God‼😱


チーン・・・



少なからず

いや大幅に

意気消沈😢です。




でも・・

思えば




ここまで来れたこと

そして

これから経験するであろう

全てが




この旅自体が

紛れもなく

わたしにとっては

奇跡のような出来事

なのです。


All in this journey

is like a miracle for me!




そんな

奇跡の旅だから

オーロラも

きっと見られる!





根拠のない

期待を胸に




翌朝は

いよいよ



人生初の

船旅に出発です。




キルケネスから

オーロラを求めて

北極圏を巡ったあと




フィヨルドの

街々に寄港しながら

南部のベルゲンまで

5泊6日の船の旅です。




薄明かるい

ブルーに染まる港に




鮮やかな赤と白が

キラキラと

ライトに煌めいて

こじんまりと、可愛らしい




沿岸急行船 フッティルーテンの

フィンマルケン号が

待っていました。

finnmarken.jpg


乗客、乗員合わせて

数百名くらいの

規模でしょうか・・




沿岸急行船

フッティルーテンは



夏はフィヨルドの絶景

冬のオーロラクルーズ

で知られていますが

豪華客船などではありません。




陸路のない

フィヨルドの街々を結び

人と貨物の交通を

100年以上も

担ってきた歴史を持ち




今も尚

沿岸の人々の暮らしに

欠かせない

連絡船でもあるのです。





フィンマルケン号の船内は、

アール・ヌーボー調のインテリアが

優しいレトロな雰囲気で





壁には多くの

アート作品が飾ってあります。

階段室1.jpg
〈階段室 踊り場にもアート作品〉

船内アート1.jpg
〈ムンクのようなタッチのアート〉



船内の至るところで

ノーム(妖精)にも出会います。

ノーム1.jpg
〈妖精たちの語らい?〉



客室その他

展望デッキ、イベントスペース

ダイニング、バー、カフェ

ショップ

カンファランスルーム

キッズルーム

(大人の)プレイルーム

ジム、サウナなどがあり

ロビー.jpg
〈ロビー〉

展望デッキ.jpg
〈展望デッキ〉

船内バー.jpg
〈バー入口〉

kids room.jpg
〈キッズルーム〉

サロン.jpg
〈サロン〉



外のデッキには

小さいながら

プールとジャグジー

もあります。

(さぶ~😫💦💦)





乗船するや

キャビンに落ち着く間もなく

ランチタイムになり

ダイニングへ。


1ダイニング.jpg
〈ランチタイム〉




時刻は午後1時半

窓の外に目をやると

岸壁が離れていくのが見えました。




もう既に、外は暗くなっていて

美しい街の灯が

遠ざかっていきます。

キルケネス出航.jpg
〈遠ざかるキルケネス〉



ブォ~、ブォ~~ッ!

汽笛を響かせ

フィンマルケン号の出航です。




果たして、

オーロラは見られるでしょうか・・



*********************************

英語コーチングで英語やってみようかな、と思った方は
まずは、無料の体験セッションをどうぞ!

*********************************

・英語の勉強をしてきたのに、いつまでたっても話せない、上達を感じない。

・どうやって勉強したらいいのかわからない。

・勉強を始めても、なかなか続かない。

・外国人に道を聞かれたら、ちゃんと答えてあげたい

・英語を一から勉強し直したい

・一人でも自由に海外旅行を楽しみたい

・仕事のために、TOEICの点数をあげないといけない

などなど



お悩みやご希望をお聞きして、解決へ導きます!

1時間ほどのセッションで、問題点と解決方法

目標に向けた効果的な学習などについてお話しします。

セッションは、スカイプ、FB、LINE

電話(お近ければ対面でも)等で行いますので、

どちらにお住まいでも大丈夫です。



こちら から

お問い合わせ内容に

「無料体験セッション希望」としてお申込みください。


posted by semy at 01:07| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする